HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > 未分類

愛しのエルス様

それは2年前の夏でした・・・

病院に1本の電話が鳴りました。その時院長先生が電話にでたの
ですが、なにやら深刻そうな話をしています。
時折聞こえてくる「安楽死」の言葉・・・
嫌な予感がしました。

うちの病院では院長と奥さんの意思により安楽死は絶対に行いません。
その理由は簡単です、動物は「自ら死を求めない」自ら命を絶つ事は
絶対にしない。「生きていくために」それだけです。
例え飼い主さんが頼んできても絶対に行いません。

病院に就職してから、びっくりした事が「安楽死」して下さいと
言ってくる飼い主さんが多いこと多いこと。

一番の理由が医療費が掛かるから

ですがうちの獣医さんは負けません!飼い主さんと、とことん
話し合い、色々な道を選び飼い主さんを最後まで説得するのです!

絶対に諦めません。

院長先生が受話器を置いて直ぐにみんなに、

「○○さんとこのシェパードがまた人を噛んでしまった!飼い主さんは安楽死
 してくれの一点張りだから来たら直ぐに引き取って」

との事でした。話によるとその子は大きな家に住み番犬として飼われていました。
敷地の中でしか散歩も出来なく、世話はお手伝いさんがご飯をあげるだけ。
ワクチン等もお手伝いさんが連れてきていました。
過去にもその家の主人と奥さんに噛みついているらしく、今回は息子さんに
噛みついてしまったそうです。
院長先生によると、この子は「突発性攻撃症候群」脳の病気です。
脳の発作と関連していると言われています。急に空中を見上げた後、
豹変したように周囲の人間に襲いかかり、発作が終わるときょとんとして
おどおどしているとのことです。発症の時期予測や治療は不可能です。
手加減は一切しないで攻撃するため、咬まれたダメージは深刻なものとなります。
ぼーっとし始めたら周りの人間が避難するしかないようです。

欧米ではこの病気が発覚した時点で安楽死をするそうです。
安楽死をしないと獣医師が罪に問われるそうです。

怖くなりました。まさかこの子も安楽死?

院長先生はじめスタッフみんなが悩みました・・・病院で飼いたいけど他に行き場を失った子がいっぱい
いる。隔離しても世話をするスタッフに襲い掛かるかもしれない。

私も悩みました・・・うちに連れてこようか、でもうちにも他に犬や猫がいる、万が一
喧嘩になったら・・・万が一家族に襲いかかったら・・・

悩んで悩んで悩んだ結果・・・

引き取ろう・・うちで・・・うちで?・・・え~~~っいうちで!!!!

覚悟を決めました!!

ですが、問題は発作が起きた時です。いつ発作が起きるかわかりません。
悩みましたが、院長先生の進めもあり苦渋の選択でしたが全顎抜歯を行いました。
うちの子を守るためです。

手術は無事におわりましたが、とても辛そうでした・・・小刻みに震えた体は
弱々しく、人を噛んで病院送りにまでしている犬とは到底想像がつきません。
痛々しくて悲しくて見てられませんでした・・・

これで本当に良かったの?こんなに痛い事されてまで、この子は生きていたいのか?
いっそ安楽死の方がよっかたんじゃないか?

何回も思いました・・・

でもそんな事考えててもどうにもならない!

この痛みの分だけこの子を愛そう!
この痛みの分だけ楽しみをあげよう!
この痛みが無くなるまで、ずっと一緒にいよう!
そう決めました!


晴れてうちの子になりました♪
名前は「エルス」
eru.jpg

どうですか~?男前ですよね~
なんとゆうか味が出てます!苦労してきた男の味です(笑)


うちにきてからは発作は一度も起きてません。それより何より
うちの子みんなと仲良しなんです♪あっ!ニャンコ以外(笑)


eru22.jpg

あれから2年、エルスは毎日いろんな所に散歩にいきワンコと遊び
ソファーで仰向けになって寝ています


eru33.jpg

エルス今まで色々苦労してきたけど、これからはワンコらしく伸び伸びと
自由に、楽しく暮らしていこうね・・・あっイタズラは程々にね

eru55.jpg
「emi-goの話長すぎハァー疲れるぜ!」

なんじゃそりゃー確かに今日は長かったな
しかもまだいたの?この子で最後かしら?って思われた方もいると思いますが、
実は・・・なんです!!


みなさんいつも遊びにきてくれてどうもありがとうございますm(__)m

それではおやすみなさーい












スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://worldanimalpiece.blog91.fc2.com/tb.php/16-273115c3

コメント

初めまして。
訪問ありがとうございます。
看護師さんなんですね。^^
動物病院の先生もいらっしゃるので、ブログ上で病院が出来そうです。^^;

シェパード大好きなんですけど、色々な病気があるんですね。--;
脳の病気といえば、今から3代前の子が癲癇でした。
可哀想でしたが、何時起きるか分からないだけに、出掛ける時も連れて出ていました。

エルス君は幸せですね。それによく引き取られる勇気がでましたね。敬服いたします。
ワンコの事を思うととっても辛い選択だと思いますが、そのお陰でこうして一命をとり止める事が
出来たんですね。

手術も大変だったと思うのですが、生かすことが最大の目的、助けていただいたあなたに、全然関係ない私からもお礼を言いたいと思います。

ありがとうございます。あなたのような方が1人でも多く居てくださったら、動物達の未来は、少しは
明るいものになると、信じています。

またお邪魔させていただきます。
シェイドさん初めましてこんにちは!

とっても温かいコメントありがとうございます(:_;)
2年前のエルスはとても酷い状態でした!人間には威嚇し、とてもじゃないけど一般家庭で生活できる状態じゃありませんでした。
何度もめげそうになりましたが、スタッフの助けもあり今じゃお腹を出して甘えてきてくれます!

改めて諦めていい命なんかない、諦めなければ道は開けると身を持って感じさせてもらいました。

そして今シェイドさんにありがとう、と言っていただいた言葉をそのままエルスに伝えたいと思います!

本当にありがとうございます!
これからも応援しています(^O^)/
エルスは馬? ってくらい大きいよね(笑)。
はじめてみた時驚いたよ……。

でも、全部歯を抜いても、すっごく幸せそうだし、当然、もう痛くなんかないんだからそれが一番正解だったと思う。馬みたいな大きな体じゃ、やっぱり脳の病気を抱えていれば、普通は安楽死を選択するだろうしね。歯を抜くくらい、エルスだって寛大だから理解してくれるよー!

私も絶対に安楽死はしません。どんなに辛い病気でも、お金がかかろうとも、頑張ってもらいます。一緒に闘います。だって、私が死まで選択することは絶対に許されないと思うから。
はじめまして
エルス君のお話 とても感動致しました。
シェパード大好きです。
もともと犬は噛む動物だと思いますが、人との信頼関係によって噛む行為もしなくなるんですよね。
あれから2年 発作は起きていないとの事 
人との係わり合いで変わるんですね!
この間 コッカーがセンターに持ち込まれ処分されました。
人を何度も噛んだらしくて・・・飼い主は泣きながら。。。
でもね 他に方法はあったかと思うんです。
エルス君のように。
そう思うと残念でなりません。
きっと方法はあるはずですから、諦めずに対処しなきゃですね。
簡単に命を左右することは許されないと思っています。
所有物ではなく家族&パートナーですもんね^^。
ハハさま

ハハさんの言う通りですよね、人間が死まで選択することは絶対に許されませんよね!

本当に安楽死については賛否両論あると思いますが、うちの病院が
安楽死をする病院だったらとっくに辞めてました(笑)

P.S昨日はお疲れ様でした&ありがとうございましたm(__)m
   


andy mama様

初めまして!いつも楽しんで拝見させていただいてます♪
まだまだ殺処分0の道のりは近そうで遠いのかな~
ってそんな弱気言ってる暇はないですね(笑)

コッカーの子もとても残念でなりません。他に道は必ずあったと思います。

コッカーちゃんに心からご冥福をお祈りしております。
これからも頑張って下さい!また遊びにいきます!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。